時事ニュース

SNSやマッチングサービスを介した精子提供の闇について

メディアで度々取り上げられている精子提供。
危険やトラブルについての話題が多いことから興味本位や取材目的で問い合わせを頂くことがあります。

その際に精子提供に関わる当事者以外の方はやはりトラブルやゴシップのような話題に興味があるようです。
今回は精子提供ボランティアとして活動している筆者が感じた、精子提供SNSやマッチングサービスを介した精子提供の闇についてまとめました。

SNSやマッチングサービスを介した精子提供の闇について









タイミング法(性行為)

タイミング法とは、妊娠に至る確率が高い排卵日2日前などに性行為をすることによって妊娠を目指す方法です。
この言葉は精子提供の隠語ではなく、ごく一般的に用いられる妊活用語で、医学的な不妊治療のひとつでもあります。

ニュースサイトやワイドショーでは精子提供について報じられる際、このタイミング法と呼ばれる提供方法について取り上げられることが多く、視聴者の目に留まりやすい内容であることから「精子提供=性行為」というイメージがついている背景があります。

そして確かにSNSやマッチングサイトで活動する精子提供ボランティアのアカウントの多くは、明らかに性行為を目的としており、分かりやすく一つの闇であることは間違いないです。
経験が長く提供実績の多い精子提供ボランティアですら、タイミング法(性行為)での提供を提案している事例があります。

依頼者の希望でシリンジ法での提供を約束していたにも関わらず、実際に会った際や数周期提供をした後にタイミング法(性行為)に切り替えましょうと提案する提供者もいるようです。

なお、シリンジ法とタイミング法(性行為)で、妊娠に至る確率は同等と言われているため、精子提供ボランティアからのタイミング法(性行為)の要望に応じる必要はありません。

 




精子ドナーの多くは提供実績が無い

SNSで「精子提供」と検索すると、当サイトのアカウントを含め、精子提供ボランティア、精子ドナーという表示名のアカウントが山のように出てきます。

そのため大きな需要があるのかと思われがちですが、実際に提供を経験し活動を継続している方の割合は多くないのが実情です。

精子提供マッチングサービスも乱立してきている状態で、精子ドナーの供給過多でレッドオーシャンとなっていると報じられています。




精子提供アカウントが多い理由

SNSに精子提供アカウントが多い理由は、精子提供関連のニュースが取り上げられる度に、タイミング法(性行為)での精子提供を期待したアカウントが急増するためです。

言葉を噛み砕くと、精子提供=アダルトコンテンツと捉えられているためと言えます。

しかし
  • 活動を始めたばかりの精子提供ボランティアは信頼が無いこと
  • 精子提供の需要が多くはないこと
  • 依頼者のほぼ100%がシリンジ法を希望していること
などタイミング法(性行為)での提供に至るのは難しいことが分かるため、精子提供ボランティアのアカウントは更新が停止している場合が多々あります。

  • シリンジ法とは
容器に採取した精液を、シリンジという先端にシリコンがついた針のない注射器で体内に注入し妊娠を目指す方法です。





精子ドナーと依頼者の関係性

精子ドナーには、タイミング法(性行為)を目的とした人や、遺伝子上の自分の子孫を残したいといった目的で活動している人など様々な人がいます。

中でも遺伝子上の自分の子孫を残したいという理由で活動をしている精子ドナーは、生まれた子どもや提供先のご家庭への干渉を示唆している場合があり、今後トラブルになるのではと感じています。


また、SNSやマッチングサービスを介した精子提供は、案外狭い世界で成り立っているため、精子提供を受けた方がどの精子提供ボランティアから提供を受けたかが分かってしまう場合があります。


ほんの数か月前まではタイミング法(性行為)での提供希望をしきりにアピールしながら、妊活アカウントやLGBTQアカウントなどを見境なくフォローし、見境なくリプライを送っていた精子提供ボランティアであっても、その精子提供ボランティアから提供を受けて子どもを授かった方がおられる事例があります。

精子提供ボランティアはあくまでドナーの立場であり、家庭に干渉することは無いことが前提であるため、精子提供ボランティアのSNS上での立ち振る舞いが、提供により生まれた子どもに直接関係することはありませんが、こういうことにも闇を感じている部分はあります。





精子提供の必要性について


ここまで読んで頂いた方は、精子提供に関してこれまで持っていたイメージが悪い方向に変わってしまったかもしれません。
しかし、精子提供によって子どもと幸せに暮らしている家庭が1世帯生まれたという事実もあります。


精子提供を必要としている当事者以外の方からすると、
  • なぜ病院での治療ではなく個人間で精子提供を受ける必要があるのか
  • なぜ精子バンク企業から精子を購入しないのか
と思われる方もいるかと思いますが、医療機関でのAID(非配偶者間精子提供)ではまず婚姻関係にない方や、FTMのご夫婦は治療を受けることができません。

そして、医療機関でのAID(非配偶者間精子提供)では、精子ドナーが選択できず、どんな人かも分からない、将来的にも精子ドナーの情報が開示される保証はない、体外受精や顕微授精が不可のため妊娠率も低いという問題があります。

精子バンク企業からの購入については、現在個人でも精子を購入できる精子バンク企業は海外にしかなく、外国人ドナーがほぼ100%であるためニーズに合っていない部分があります。



他にも当事者以外の方からすると、
  • 性的少数者が子どもを持つこと
  • 遺伝子上の父親がいない状態で子育てすること
  • 子どもがかわいそう
  • 親のエゴだ
など否定的に思うかもしれません。
その点に関してはそれぞれがどう思うかは自由だと思っています。


ただし「結婚している両親がいて、子どもがいる」という家庭であっても、多かれ少なかれ程度に差はあれど、育児に対する当事者意識の無さから夫が育児に非協力的であったり、家族にモラハラしたりといった不満やトラブルを見聞きするのもまた事実です。


精子提供を必要としているご家庭は、様々な事情のもと検討に検討を重ねて子どもを授かろうという選択をしているため、
育児に対する当事者意識の無さというものが起こりにくいという点があると感じています。


個人間の精子提供に関しては問題点が多いのは事実なので、医療機関でのAID(非配偶者間精子提供)の対象者拡大、精子ドナーの原則非匿名化・選択制など推進し、子どもを産みたいと考えている人が安心して産めるような社会にしていくために励みたいと考えています。


他人を巻き込んで声をあげることは出来ませんが、アンケートに答えたり、取材や問い合わせに応じたり、このように文章を書いていくことで精子提供を受けて子どもを授かる選択もあるのだなと思っていただけたら幸いです。


関連記事