少子化問題

日本の人口推移予測

2020年12月推計値を基準に、
年齢別の生存率と合計特殊出生率とを2020年と同一とした場合の日本人の人口推移は2020-2030年1億2000万人、2040年1億1000万人、2050年1億人、2060年9000万人、2070年8000万人、2080年7000万人、2090年6500万人、2100年5500万人となる。
 日本人の人口推移






2020年12月推計値を基準に、
年齢別の生存率を2020年と同一として、合計特殊出生率を改善できた場合の日本人の人口推移は2020-2030年1億2000万人、2040年1億1000万人、2050年1億人、2060年9500万人、2070年8500万人、2080年8000万人、2090年7500万人、2100年7000万人となる。
 日本人の人口推移改善
関連記事