精子提供バンク.jp

精子提供をご希望の方へ

精子提供  -

子どもを産みたい人が安心して産める社会を目指しており、その一つとして精子ドナー活動を行っています。選択的シングルマザー、レズビアンカップル、無精子症など男性不妊のご夫婦で第三者精子提供による妊活をご検討の方はぜひご覧ください。 目次プロフィールと精子提供の概要クリニックでの人工授精クリニックでの体外授精ご家庭でのセルフシリンジ法タイミング法(直接法・性行為)について精子提供に関するお問い合わせ ...

READ MORE

同性婚を求める訴訟が各地で進行。反対賛成は支持政党とリンクしており政治的パフォーマンスによる影響も。

同性婚  -

目次同性婚を求める訴訟が各地で進行…「結婚の平等」の実現に向けてできることこの話題に寄せられた意見同性婚の反対賛成は政治思想及び支持政党とリンクしている 同性婚を求める訴訟が各地で進行…「結婚の平等」の実現に向けてできること・法律の壁により、同性同士の結婚が実現できていない日本。・そんな中で現在、同性同士の結婚を求める訴訟が各地で進行し、一刻も早く法の下の平等が求められています。・現在の法律...

READ MORE

厚生労働省事務次官「社会保障問題の最大の要因は人口減少。少子化による財政への影響を若い世代は当面避けられない」

少子化問題  -

出典:朝日新聞デジタル 目次少子化問題「若い世代は当面避けられない」厚労省新次官の大島氏この話題に寄せられた意見日本人の人口増加は不可能で政府は外国人永住者の受入れ拡大に舵切りアンケート[少子化対策はどうすべきと考えますか?] 少子化問題「若い世代は当面避けられない」厚労省新次官の大島氏・ 厚生労働省の事務方トップの事務次官に2022/6/28日付で就任した大島一博氏(58)が記者会見を実施。・社...

READ MORE

シリンジ法で妊娠しない場合の人工授精・体外受精への切り替えについて

精子提供  -

シリンジ法による妊活に協力させて頂く中で、なかなか妊娠に至らないことがあります。精子ドナーとしての立場ではありますが、妊活に励む当事者の女性と同じように心苦しさもあり、申し訳なさもあり、どうにか良い結果に繋がってほしいと願っています。そしてなかなか妊娠に至らない場合に、シリンジ法から病院利用の人工授精・体外受精に切り替えることで妊娠に至る例が増えてきているため、情報共有のために記します。 目次シ...

READ MORE

2021年の出生数75万人。日本政府が予想していた2039年よりも18年早く少子化が進行。

少子化問題  -

 目次2021年の出生数「75万人ショック」に大前研一氏「国家の継続が危うい」と警鐘この記事に寄せられた意見短期的な成果を重要視する日本の政治がもたらす将来 2021年の出生数「75万人ショック」に大前研一氏「国家の継続が危うい」と警鐘・新型コロナ禍前の2019年に前年の出生数91万人から86万人へと大幅減少した・2021年には新型コロナ禍の影響を受けて、従来の予測よりも18年も早く出生数が75万人に減少・2050年に...

READ MORE

止まらぬ少子化 結婚を選択しない、諦める若者たち【結婚をめぐる変化/国際女性デー】

  目次日経新聞は日本の男女の賃金格差が経済成長を阻む要因と分析このニュースに寄せられた意見ジェンダー・ギャップ指数上位国の出生率雇用形態別にみた男女の賃金 日経新聞は日本の男女の賃金格差が経済成長を阻む要因と分析 ・3月8日は、1908年に米ニューヨークで参政権のない女性労働者が労働条件の改善を要求してデモを行なったことを記念して、国連が国際女性デーと定めた・女性の「十全かつ平等な社会参加の環境」...

READ MORE

選択的シングルマザーの地位向上に向けた取り組み【ブログ執筆者募集】

近年増加している選択的シングルマザーのご家庭についてですが、 ・婚姻率の低下・結婚意欲の低下・女性活躍・男女平等・男は仕事,女は家庭という価値観の消滅・男性の非正規雇用増加・女性の社長率増加・多様性の尊重・少子高齢化・DVの増加上記などの様々な要因を考えると、選択的シングルマザーという選択は今の時代に非常に合っている家族構成だと感じており、何か支援ができないか考えました。  ...

READ MORE

【妊活】シリンジ法で妊娠の確立をあげるコツ

シリンジ法  -

精子提供者として活動してきた中で、妊娠に至る際の条件が統計から見えてきたので共有したいと思います。 シリンジ法に限らずご夫婦でのタイミング法でも参考にしていただけたら幸いです。そして他にも知見や経験から見えてきた気付きがあればぜひ共有頂けたらと思います。 目次タイミングの取り方を見直す体を休めてホルモンバランスを整える精子提供者の精子の質を疑う排卵日を病院で診てもらう タイミング...

READ MORE

選択的シングルマザーの女性が今後も増える理由【結婚したくない/子供ほしい】

目次選択的シングルマザーとは非婚と未婚の違いは?選択的シングルマザー増加の背景今後も選択的シングルマザーが増える理由 選択的シングルマザーとは精子提供を受けるなどして自らの意思で子どもを産み育てている非婚の女性のことを言います。海外ではSingle Mother by Choiceと呼ばれています。シングルマザーといえば、予期せぬ妊娠により未婚のまま子どもを産み育てている女性や、離婚して子どもと暮らしている女性とい...

READ MORE

岸田内閣 野田聖子内閣府特命担当大臣の移民政策について【地方創生,少子化対策,男女共同参画,女性活躍担当,こども政策担当,孤独・孤立対策担当】

少子化問題  -

2021年9月26日の日本経済新聞の記事に自民党総裁選に出馬した野田聖子氏は26日、国会内で日本経済新聞のインタビューに答えた。1億人の人口を維持するために移民政策を推進する考えを示した。女性活躍を進めるために閣僚の半数を女性にするとも訴えた。野田氏は人口について「日本のインフラは1億2千万人を対象につくっており、大幅に少ないとメンテナンスできない。1億人の目安は立てておいた方がいい」と指摘した。とあります。...

READ MORE