ロシアのウクライナ侵攻から学ぶ日本で外国人との多文化共生社会を実現するための方法

政治経済  1

    目次 ロシア、ウクライナに軍事行動このニュースに寄せられた意見侵攻の名目はロシア系住民の保護 ロシア、ウクライナに軍事行動 記事から引用 ・2022/1/26 ロシアからの「北大西洋条約機構(NATO)の不拡大」要求をアメリカが拒否・2022/2/1 米側の回答を巡り、ロシアが懸念無視と批判・2022/2/21 プーチン大統領、ウクライナ東部の親ロシア派独立を承認・2022/2/22-23 日米欧、対ロシア制裁を発動 (...

READ MORE

令和3(2021)年の出生数は84万人で過去最少。有効な対策は教育無償化ではなく、老後の生活を保障すること。

少子化対策  1

    目次 令和3年出生数は過去最少84万人このニュースに寄せられた意見政府が行っている対策は?有効な少子化対策は? 令和3年出生数は過去最少84万人 記事から引用 ・厚生労働省が令和3年の人口動態統計の速報値を発表・出生数は84万2897人(前年比2万9786人減)・死亡数は戦後最多の145万2289人(同6万7745人増)・この速報値は日本における外国人や外国における日本人などを含...

READ MORE

高い美意識から紫外線を避け続けた結果、不妊へ

少子化対策  1

  高い美意識から紫外線を避け続けた結果、不妊へ 記事から引用 ・晩婚化や働き方の多様化から「不妊」に悩むカップルは多い・不妊の要因はさまざまですが、そのひとつに「栄養不足」が挙げられる・ "紫外線は敵!"美意識の高まりがもたらした現代女性の「ビタミンD不足」・不妊解決に重要なカギとなる「ビタミンD」の効果・ビタミンDは卵巣の機能を向上させ、子宮内膜の状態を改善することで、女性を妊娠体質へ導いてくれ...

READ MORE

選択的シングルマザーの地位向上に向けた取り組み【ブログ執筆者募集】

近年増加している選択的シングルマザーのご家庭についてですが、 ・婚姻率の低下・結婚意欲の低下・女性活躍・男女平等・男は仕事,女は家庭という価値観の消滅・男性の非正規雇用増加・女性の社長率増加・多様性の尊重・少子高齢化・DVの増加上記などの様々な要因を考えると、選択的シングルマザーという選択は今の時代に非常に合っている家族構成だと感じており、何か支援ができないか考えました。  ブログ...

READ MORE